湯ったりの宿 松楓楼 松屋

【所 在 地】 栃木県那須塩原市

【宿 泊 日】 平成27年06月27日(土)

【オフィシャルサイト】 http://www.matsuya.org/

【楽天トラベル】 http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/2634/

【じ ゃ ら ん】 http://www.jalan.net/yad342575/

【交  通】

 塩原温泉はけっこう遠いっす。 詳しくは ここ 参照。 僕は公共交通機関を利用したんですが、東北新幹線の那須塩原駅からバスで1時間くらい。 在来線の西那須野駅からバスという手もあるんですが、この 乗り継ぎ時刻早見表 というのが、早見優と同じくらい優秀だったりします。 で、一口に塩原温泉と言ってもその範囲は広く、いくつかのエリアに分かれていたりするんですが、自分が泊まる宿へ行くには、どのバス亭で降りればいいのか? そんな疑問に答えてくれる バス亭一覧 というページもあります。 塩原温泉旅館共同組合のこのオッサン、めっちゃ優秀♪ で、僕がお泊まりする松楓楼・松屋は “塩原福渡” というところで降りれば大丈夫。 「ふくわたり」 ではなく 「ふくわた」 と読むんですが、風紀を乱す行為で一時閉鎖になって、一躍有名になった 不動の湯 があるエリアですな。 僕が行った時はちょうど閉鎖期間中だったんですが、現在は土日祝日限定で復活している模様。 ただし、今年は11月15日(日)までということなので、もう駄目っすな。 で、もうひとつの 岩の湯 のほうは、僕が行ったときは大丈夫だったんですが、こちらは例の9月の大雨による河川増水被害で、利用出来なくなっちゃってるみたいです。 松楓楼・松屋は、この2つの公共露天風呂に近いというのがウリなのに、これはちょっと痛いっすなぁ。。。 で、塩原温泉で最大の見所と言えば 竜化の滝 なんですが、ここからでも歩いて歩けないことはないくらいの距離だったりします。 ただ、往復するのはちょっと辛いので、チェックイン前か、チェックアウト後、どちらかに組み込むといいのではなかろうかと。

【地  図】  広域図    詳細図

 地図はオフィシャルサイトから拝借したんですが、塩原温泉バスターミナルがあるところからすると、かなり手前ということになります。 11もの温泉が集結して “温泉郷” を形成しているんですが、那須塩原駅に近いほうから算えて2番目の位置でありますな。 わりと近くに “ビジターセンター” や “天皇の間記念公園” といった、ちょっと微妙な観光スポットがあったりするんですが、温泉街らしい情緒は今ひとつ希薄だったりして、やや中途半端。 やはり2つの公共露天風呂が最大のウリということになりましょう。

【駐 車 場】 30台・無料 (部屋数:25室 )

 部屋数以上の台数が止められる駐車場があるようなので、ま、安泰っすな。 最近、クルマで遠出するのが面倒になって、公共交通機関ばかりを利用しているので、駐車場に関する熱意が著しく低下しているんですが、ということで、今回も適当っす。

【あらすじ】

 詳しくは ここ 参照。 これまで書いてきた事とほとんど被っていたりして、こんなことなら最初から、ここ参照にしておけばよかった。 そう思わずにはいられませんが、とまあそんなことで、次。

【料  金】 37,800円 (消費税・サービス料込) ★4名様までお部屋食★ 【別邸六花】2階・半露天風呂付き客室プラン(和洋室) 1泊・2食付

 今回は塩原温泉を観光したかったというより、お泊まりしたい宿を探した結果、その所在地がたまたま塩原温泉だった。 そんな感じだったりするんですが、露天風呂付き客室がある宿を、あれこれ当たっていたんっすよね。 で、ここを見付けて、いいぢゃん♪ …と、そう思ってしまったんですが、その経緯はえーと…、 ここ にありますな。 メシが松・竹・梅の3タイプ、部屋が本館の普通の部屋、露天風呂付客室と露天風呂付特室、別館は1階が露天風呂付、2階が半露天風呂付で、それぞれ和室と和洋室があったりして、これらの組み合わせが色々と選べたりするんですが、紆余曲折の結果、お部屋は別館2階の半露天風呂付和洋室ということになりました。 最近、贅沢が身に付いてしまって、露天風呂付客室で3万円代なら、安いぢゃん♪ そんなふうに思えてしまう体になってしまったんですが、4万円代の心理的な壁は未だに突破出来ず、その結果、メシは最下層の “梅” で我慢することに。 献立の違いに関しては先ほどのページで念入りに検証されているんですが、最初は “松” の予定だったのが、最終的にはランクダウンしちゃったんっすよね。 で、その結果は、果たして…?

【フロント】

 とまあ、そんなこんなで、宿に到着〜。 宿の外観はこんな感じ。

宿の外観♪


 ちょっと年期の入った、昭和の時代の小規模温泉旅館といった感じっすかね? で、後ろ姿が見えているのが、ちょっと年期の入った昭和の時代のオッサンではないかと思われるんですが、で、中に入ってチェックインの手続きをして、若いお兄ちゃんに部屋まで案内して貰って、その後、係の仲居のお姉さんが現れて、館内の案内をして貰ったり、飯の時間を決めたり、お茶を入れて貰ったりしたのではなかったかと。 5ヶ月くらい前の話になってしまったので、あまり詳しくは覚えてないんですが、係の仲居のお姉さんは、超の字が付くほどのベテランであると言わざるを得ないようなお年頃でありました。 若いギャルが相手だと無駄に緊張しちゃうので、ま、別にいいんっすけどね。

【部屋・設備】

 で、部屋の様子はこんな感じ。 新しく新築された別邸のほうなので、さきほど見えていた外観からは想像出来ない程、小綺麗で平成ライクな佇まいでありました。 この 6つのタイプの部屋があるんですが、2種類ある2階の和洋室のうち、どちらになるかは 「おまかせ」 となります。 和洋室なので、和室と洋室があるんですが、洋室部分に普通のベッドが置かれているか、和室部分にローベッドが置かれているか、そこが大きな違いとなります。 最近はこの、畳敷きの部屋にローベッドというのが流行りだったりしますよね。

お部屋の様子 (その1)♪ お部屋の様子 (その2) お部屋の様子 (その3)♪


   今回、僕が泊まったのは、そっちのほうのタイプでありました。 おお、めっちゃお洒落♪ 和室部分はローベッド×2台のエリアと、掘り炬燵式の座卓の部分に分かれているんですが、この掘り炬燵の掘られ具合が実に快適だったりします。 で、一方、洋室部分は小さなテーブル+椅子のエリアと、食卓みたいな区域に分類されるんですが、飯は座卓のほうで食べるので、ぶっちゃけ、この食卓は特に使い道が見当たりませんでした。 無駄に広々とし過ぎていて、何かちょっともったいねぇ。。。 で、期待していた部屋の露天風呂はというと、

前菜と鍋物♪

 ああ、こりゃ、確かに “半露天” っすな。 大きな窓を全開にすれば、それなりに半分くらいは露天な雰囲気を味わうことが出来るんですが、全閉にすれば完全に内風呂。 天気が悪い時とかはいいんでしょうが、開放感はさほどありません。 で、湯船も壺タイプだったりして、必要最低限の大きさ…というか、小ささでありました。 若いギャルと部屋付きの露天に入って、あんなことやら、こんなこと。 ああん、そんなことまでぇ♪ そんな展開に期待してたりすると、ガックリしちゃうレベル。 「え、これ? サバくん、一人で入って…。」 そう言われて、おしまいかと。 ま、僕の場合、そう言ってくれるギャルなどいなくて、言われなくても一人で入るしかないので、別にいいんっすけど。 お湯そのものは温泉の掛け流し+循環・加温。 そういったシステムのようで、いつでも熱々の湯がナミナミと注がれていて、まったく問題はありません。 で、部屋から見える景色は、こんな感じです。

部屋付き露天風呂♪


   川と木と。 それ以外のものはまったく目に飛び込んで来ません。 ちょっと身を乗り出すようにすると、道だとか、そこを歩いているオッサンだとか、そんなのも目に飛び込んで来たりするんですけどね。 ま、景観に関しては十分に84点くらいであるな。 そのように評価していいのではなかろうかと。

【風  呂】

 で、続いては部屋付きではない、パブリックなほうの風呂。 こちらのほうは最高でありました。 内風呂は こんな感じ 。 2面がガラス張りになっていて、窓は閉まっていても、開放感抜群っ♪ 目の前を流れる川と、吊り橋と、リラクシン・アット・岩の湯なオッサンの全裸体がモロに見えたりして、爽やかで清々しい中にも、ディープにマニア好みだったりもして、うーん…。 で、露天風呂は こんな感じ 。 内風呂からは、あまり風情のない鉄製の外階段を歩いて降りて行く感じで、ちょっとアレだったりするんですが、行き着いた先は、もう最高っ♪ 写真にある手摺りの向こうは一般人が普通に歩いている遊歩道だったりして、極めてお手軽に合法的露出プレイを堪能することが出来ます。 ちょっとこれ、さすがにヤバいんじゃね? そう思ってしまうほどの開放感でありまして、ま、湯に浸かってしまえば、外から覗かれることはないんですけど。 他に誰も湯に浸かってるオッサンがいなかったりすると、めっちゃ得した気分になれるんですが、で、季節によっては夜に妖しく光る昆虫の姿を楽しむことも出来ますぜ。 おお、蛍の乱舞、凄ぇぇぇぇぇ♪ そう、感激する人も少なくないようですが、その実態はサーチライトの光に集まってくる蛾だったりする模様。 ま、知らなければ普通に蛍に見えたりするので、教えないほうが皆、幸せになれる気がするんですが、知ってしまった以上、これからはもし本物の蛍を見たとしても、もしかしてこれ、蛾じゃね? そんな疑心暗鬼に駆られることでありましょう。

【夕  食】

 で、続いては夕食です。 ここは飯にも力を入れているっぽいので、かなり楽しみにしていたんですが、結論から先に行ってしまうと、思っていたのとはちょっと違っていました。 部屋食なのはいいんっすが、基本 “一気出し” なんっすよね。 超ベテランの仲居のお姉さんに言えば、2回には分けてくれるんですけど。 「お献立」 はちゃんと用意さてていて、それを持ち帰って、家でスキャンして、もう用は無いと思ってゴミ箱に捨てちゃったんですが、その肝心のスキャンデータを何処に保存したのか、分からなくなってしまいました。 オフシャルサイトにあった 春のメニュー と、さほど大きな違いは無かった気がするので、これで話を進めていきたいと思いますが、ちなみにいちばん左にある最低ランクの “梅の料理” というのが今回のソレであります。

旬菜♪


   まずは “旬菜” 。 えーと、豆心湯葉 精進そぼろ味噌焼 蝦夷鮑っすかね? 3品あるのではなく、豆心湯葉というものが精進そぼろ味噌で焼かれている奴と、蝦夷鮑とのコンビなんですが、蝦夷鮑って、何? え…えびあわび? 読み方すらよく分からなかったりするんですが、蘇我蝦夷という豪族がいたりしたから、えみしあわび? 「えぞ」 っていうのも、もしかして同じ漢字だった? で、調べてみたらどうやらそれが正解のようですが、ま、要はアワビなんっすな。 個人的にはお詫びの印にアワビを貰ったりしても、ぜんぜん嬉しくないくらい、ぜんぜん好きではなかったりするんですが、出されてしまった以上は全部食べるというのが僕のポリシーなので、食ってみました。 ん? 意外とイケるような? 単なる食わず嫌いだったのかぁ。 そう、ほっとしたのもつかの間、身のほうはぜんぜん大丈夫だったんですが、その下にある肝みたいなのを食ってみたところ、うげ…。 キモっ! 食わなきゃよかった。 そう後悔しちゃいましたが、食っちまったものは仕方がありません。 気を取り直して、次に行きましょう。

造里♪


 “造里” っすな。 中身のほうはというと、旬魚の盛合せだったりします。 で、これが美味かったっす。 旅館で出る刺身って、今まで、不味いと思ったことも、美味いと思ったこともなくて、いつも決まって普通だったりするんですが、ここの刺身は初めて 「うめぇ♪」 と思いました。 海から離れた山奥なのに、ちょっと意外っすな。 上のほうにある白い紙みたいなのは大根を薄く切った奴なんですが、 織姫ちゃん が食べたのと、同じ中身であるっぽいっす。 そういえば、こんなふうに巻かれていた大根をぺらーんしたんだっけ? そんな記憶が蘇ってきたんですが、まぐろ、八潮鱒、ほたての3点盛り (キラキラ☆) ほたては、歯ごたえ良く甘みがあり、まぐろと八潮鱒は脂がのっていて、口の中でとろける〜 (きゃはっ♪) 確かにそんな感じでありましたな。 これとまったく同じ3点盛りだったのかどうかは、定かではないんですけど。 何でもいいけど織姫ちゃん、あわびは、苦手なので彼にあげました…って、いいっすなぁ。 2人だと、そういう手があるんっすよね。 アワビの肝が大好きなギャル、絶賛募集中♪ …で、僕の写真にもよく見ると “蓋物” の高原かぶら、合鴨のそぼろ餡がたっぷりかかっていて、青梗菜ともよく合います (きゃはっ♪) そういう奴が写っていたりするんですが、織姫ちゃんのに比べると、合鴨のそぼろ餡の量が、ちょっと不足気味だったりするような?

鉄板焼♪


 で、続いては本日のメインディッシュ、栃木和牛の鉄板焼でありますな。 これは、美味ぇ♪ 文句無しに、美味ぇぇぇぇ♪ 竹プランなら那須和牛、松プランなら前日光和牛となるところの、最低ランクの肉であるようですが、栃木和牛でも十分に美味ぇぇぇぇ♪ これが食えただけで十分に満足なんですが、にも関わらず、どうして最終的に不満が残ってしまったのかというと、ここまでが前半の部。 で、2回に分けて持って来て貰った後半のラインアップがこちら。

焼物♪ 留肴♪


 後は写真を撮る気にもならなかった “空也蒸し” だとか、漬物だとか、御飯だとか、味噌汁だとか。 何かショボい…。 鮎の塩焼きとか、好きな人ならサブメインくらいにはなったりするんでしょうが、個人的にはどちらかというと迷惑な “片付け物” だったりするし、で、写真を見て思い出したんですが、氷結。 旅館で晩飯を食う時は、たいてい酎ハイを頼むんですが、その旨を超ベテランの仲居のお姉さんに告げたところ、「冷蔵庫に入っていますので。」 とか、言われちゃったんっすよね。 仕方が無いので自分で出して飲んだんですが、何かめっちゃ貧乏臭くて、うーん…。 で、美味しいもの、好きなものは最後まで取っておくタイプなのに、前半のうちに栃木和牛の鉄板焼を食ってしまって、後半がかなり寂しい感じになっちゃいました。 天麩羅でもあれば 「2回目配膳の部」 も、それなりに盛り上がったんでしょうが、そこが “梅プラン” の哀しさでありますなぁ。。。 栃木の和牛が前日光にならなくても一向に構わないんですが、 別注料理 で 「季節天ぷら」 でも頼めばよかったと、ちょっぴり後悔。 あるいは、一気出しにして貰って、栃木和牛は最後まで楽しみに取っておくというのでもよかったかも? で、最後の “水菓子” は、

水菓子♪


 ビアミンフルーツゼリーっすか。 ビタミンじゃなくて、ビアミン? …というのが、ちょっと謎なんですが、

   ケーキとか、杏仁豆腐とか、ゼリーとか > プリンとか >>> ただの果物を切った奴とか

 デザートに関して、そういう順列を付けている僕としては、満足のいく締めでありました。 ま、いくつか反省材料はあるんですが、トータルで考えると78点で、十分に合格点ではあったな。 そのように評価していいのではなかろうかと。

 で、寝て、起きて、翌朝であります。

【朝 風 呂】

 で、朝風呂であります。 露天風呂付き客室を奮発した場合、最低でも夜3回、朝2回くらいは利用しないと元が取れないような気がするので、無理をしてでも湯に浸からなければならないんですが、さ、頑張りましょう。 一晩中、窓を閉め切っていた関係なのか、朝イチの部屋付き露天風呂は、熱湯コマーシャルかよ!? そう言いたくなるくらい、お湯が超ホットな状況になっちゃってましたが、窓を全開にすると、ひんやりした外の空気が侵入してきて、はあ〜、極楽♪ で、その後、パブリックなほうの内風呂と露天風呂に行った記憶があまり無かったりするんですが、夜と朝で男女の入れ替えがないので、あるいは省略したのかも知れません。 で、その替わり、早朝散歩を兼ねて、2箇所ある公共の混浴露天風呂を覗きに行ってみることにしました。 その顛末は最初のほうにリンクを貼った ここ の、前半の最後のほうを見て貰うとして、いやあ、よかったっすぜ、岩の湯。 大雨による河川増水被害の為、10月21日の時点では こんなふうに なっちゃってたみたいなんですが、脱衣所スペースにあった目隠し兼用のカゴ置き棚も綺麗さっぱり流出しちゃったんっすな。 とっても貴重な情報を得ることが出来ましたが、オッサンの入浴写真、いらんっ!

【朝  食】

 で、宿に戻って、朝飯です。

朝食 (その1)♪ 朝食 (その2)♪


 夜と同様、部屋食であります。 本館の通常客室 (←露天風呂無し) にお泊まりのお客様は朝食処 「萌木」 での和定食ということになるようですが、中身に差があるのかどうかは、不明。 とりあえず僕の部屋に運び込まれたのは、大きな木の箱に8種類のおかずが入った、なかなか豪華な逸品でありました。 よく見るとデザートと漬物も含まれているので、実際のところは6種類のおかずだったりするんですが、ま、これの他に味噌汁と豆腐も付くので、量的には十分かと。 で、ソーセージがあるのが個人的には嬉しい限り。 なかなか質のいい、めっちゃ美味しいソーセージだったし、他に焼売もあったりするし、よかったな♪ そのように評価していいのではなかろうかと。

【旅 立 ち】

 ということで、チェックアウトの手続きをして、おしまい。 最後、女将がきっちりと挨拶してくれて、よかったな♪ …と。

【総合評価】

 とにかくまあ、温泉がよかったっすな。 特に露天風呂が最高っ♪ 川の向こうの 「岩の湯」 も、ほとんどこの宿の出張風呂みたいなもんだし、復活した 「不動の湯」 まで足を延ばすのも楽しそうだし、ま、どちらも来年の春まで、お預けなんっすけど。 部屋に関しては和洋室の “洋の部” を犠牲にして、普通の和室+ちょっと広めの部屋付き露天風呂。 そういうタイプにしたほうがよかったかな? そんな気もするんですが、その辺はまあ、料理を含めて、お金との兼ね合いもありますからね。 料理に関しては、ちょっぴり反省材料もありましたが、どれを食っても普通に美味しくて、でもやっぱり温泉の印象がいちばん強くて、とても “湯ったりの宿” だったな。 そんな気がしたりして、オススメ☆


INDEX
BACK NEXT